Leica M Monochrome(Typ246)レンズ別比較

このカメラはスゴイ!ただでさえLeica Mのデジタルは高価なのに、その中で最も高い価格を設定されたモノクローム専用カメラ。

普通に考えたら、M240やM10よりも機能的に劣るLeica M Monochrome(Typ246)がそれらのカメラよりも高価に設定しよう!なんて思いつきもしないけれども、カラー機より需要が少ない事は市場調査なんてする必要もなく、わかりきった事なので、開発費等を考えると高くせざるを得なかったのでしょう。

それでも、販売するLeicaという会社も凄いが、実際にこのカメラを使ってみると、このカメラを売りたかった気持ちがよくわかります。
最近、中古市場にもポロポロと出始めた、Leica M Monochrome(Typ246)ですが、その魅力が伝わるよう、レンズ別でLeica Elmar-M 24mm F3.8、Carl Zeiss Biogon T* F2.8/28mm ZM、Carl Zeiss Distagon T* F1.4/35mm ZM、Leica Summilux 50mm/f1.4 ASPH.、Leica APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.、Leica Summarex 85mm/f1.の6本のレンズでの作例をご紹介いたします。

Leica Elmar-M 24mm F3.8

僕の中ではLeica M Monochrome(typ246)と最も相性が良いと感じる、Leica Elmar-M 24mm F3.8。

Leica M Monochrome(typ246), Leica Elmar-M 24mm F3.8 , 1/125秒 F6.8 ISO320
Leica M Monochrome(typ246), Leica Elmar-M 24mm F3.8 , 1/250秒 F6.8 ISO320
Leica M Monochrome(typ246), Leica Elmar-M 24mm F3.8 , 1/500秒 F6.8 ISO320


Carl Zeiss Biogon T* F2.8/28mm ZM

Leica M Monochrome(typ246), Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28 ZM , 1/2000秒 F3.4 ISO320
Leica M Monochrome(typ246), Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28 ZM , 1/90秒 F2.8 ISO1600
M Monochrome(typ246)のレンジファインダーで見ることのできる広角側限界の28mmは、Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28 ZM。
これはこれで、良い描写をするのだけれど、Leica Elmar-M 24mm F3.8のキレキレな感じが好きすぎて、結局のところあまり使用せず。

Carl Zeiss Distagon T* F1.4/35mm ZM

Monochrome(typ246), Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZM , 1/60秒 F2 ISO1250
Leica M Monochrome(typ246), Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZM , 1/180秒 F1.4 ISO320

Leica Summilux 50mm/f1.4 ASPH.

巷では、Leica M Monochrome(Typ246)にAPO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.をつけての作例が多いが、僕はこれまた酔狂の域に近い APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.なんて買う経済力はないので、50mmはSummilux 50mm/f1.4 ASPH.を使っている。

Leica M Monochrome(typ246), Leica Summilux 50mm/f1.4 ASPH. , 1/1000秒 F2.4 ISO320
Leica M Monochrome(typ246), Leica Summilux 50mm/f1.4 ASPH. , 1/125秒 F4 ISO640


上記、2枚の作例共に開放のF1.4での作例ではないのが、申し訳ないけれど、M Monochrome(Typ246)はISOの最低感度が320なので、太陽光の下ではNDでもつけない限り開放で撮るのは難しいのと、僕は一昨年から昨年にかけて自分の縛りとして、あまり開放で撮らない!と決めていたので、お許しください。
Summilux 50mm/f1.4 ASPH.は下の、APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.と比べて頂けるとわかりやすいかと思いますが、芯がありつつ柔らかい描写な感じで、空気中のチリまで写す性能はさすがSummiluxという感じ。

Leica APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.

Leica M Monochrome(typ246), Leica APO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH. , 1/4000秒 F4 ISO320

APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH.が買えないから。。。と言う訳ではないけれど、一時期所有していたAPO-SUMMICRON-M F2/75mm ASPH.での作例。
ご覧の通り、描写は素晴らしいと思うのだけれど、僕の場合Leicaではライブビューを殆ど使わないため、レンジファインダーでの75mmはピン位置を外すことが多く、Leicaでポートレートを撮りたいと思えなくなってきたため、メインカメラで使用しているSONY E-mountのレンズのための資金となりました。w
※EVFも試したけれど、SONY α9のEVFと較べてしまうと格段に劣るため、Leicaはやはりレンジファインダーで!となっています。

Leica Summarex 85mm/f1.5

僕はあまりオールドレンズは使用しないのだけれど、Leicaなのにオールドレンズ作例が一本もないというのも何なので、唯一所有しているオールドレンズLeica Summarex 85mm/f1.5での作例。

Leica M Monochrome(typ246), Leica Summarex 85mm/f1.5 , 1/750秒 F1.5 ISO320
Leica M Monochrome(typ246), Leica Summarex 85mm/f1.5 , 1/4000秒 F1.5 ISO320
オールドレンズの個性を活かす独特な描写で、このあたりは完全に個々の好みの領域ですね。

Takahiro Taguchi

Designer / Photographer / Camper